2013.02.28 12:38|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.28 12:17|妊娠5ヶ月目
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.28 02:28|Art&Craft
dc.jpg
カナダでは、ネイティブアメリカンでもインディアンでも無く、彼らをファーストネーションと呼びます。
インディアンは特に差別用語なので、好まれません。

389835_10152143153840578_1553684467_n.jpgnative.jpgHoopOfLife.jpg

アルバータ州でも、ブリティッシュコロンビア州でも、オンタリオ州でも、彼らのテリトリーはいろんな所に散らばっています。

現状はと言えば、貧しく、ドラッグやアルコール中毒の問題を抱えている人や、高い教育を受けれない人も多いようで、政府はファーストネーションのセクションを持ち、彼らを保護しています。

一度、20代のカナディアン達と話していて、学校でも、差別的なものはあったそう。
ファーストネーションのエリアへ一度行った事があるのですが、そこはもちろん白人ゼロで学校もあって、ファーストネーションの子供のみが通っていました。
そのエリアは、看板で、ドラッグアルコールはしていませんと掲げていて、自分たちでしっかり秩序を守っているタクトでした。

その集会所でボランティアをしている男の子がたった一人の白人。
話を聞くと、パイロットの学校に行きつつ、彼らの文化がとても好きなので、お手伝いをしているそう。
ファーストネーションの集会でも、一人だけ踊り太鼓を叩く白人の男性がいました。
彼らの文化は、本当に素晴らしいので、もっともっと交わり、彼らが誇り高くいれるような社会になったらいいなと思います。

アジア人の私が行くと、アジア人=中国人=ドリームキャッチャーを安く作って売っている敵、と思われて、大きな壁を作られる事も何度かあり、悲しかったです。仕方無いのかな、と思う節もありつつ。。。

アルバータ州には、ファーストネーションの中でもとても裕福なテリトリーの人々もいます。
石油が取れるエリア、アンモライト(石)の取れるエリアに住む人々。
一度働いていたお店で取り扱っていたアンモライトの石は、7ミリくらいの大きさで、100ドルを越えるのが、
知り合ったファーストネーションの人、びっくりするぐらい頻繁に、採掘しています。
それを、カナディアンのアンモライトの会社へ売るそう。
ファーストネーションの人々はアンモライトに売る事に対して税金は免除、白人カナディアンは多くを払わないといけないので、値段に雲泥の差があると聞きました。
ファーストネーションの人々は、近年はいろいろな政策によって政府から守られています。

他にもブリティッシュコロンビア州や、エスキモーアートは、素晴らしくて世間にも認知が高いと思います⭐


個人的には、ファーストネーションの人々はとても魅力的な存在でさひ。
女性が踊っている姿、燐として、強い眼差しで、とても美しくて、男性も、長いつやつやの黒髪を三つ編みして、凛として、奥深い眼差しは、いつ見てもかっこいい!

彼らのアートも、多くのミュージアムで見られて、特にビーズワークやペインティングに感動。

イメージとして、彼らの存在は、日本のアイヌに似ているのかもしれないです。

彼らは、侵略や、資本主義社会の影響もあるのか、保守的で外からのものをお金以外の理由で受け入れない一面も見えたのですが、その奥深い瞳の中には、ネイティブスピリットが今も宿っていると、私は思っています。
そしてその精神を壊す資本主義社会、うーん。

一度、ホピの集会に、日本の富士山のもと、9.11に参加した。
ホピ族は、ホピの予言を書いていて、この世界の平和を求めて、世界中でメッセージを発信してまわっている。
男性の長老、女性の長老がやってきて、満月のその日、日本全国から、2万人が富士山麓に集結した。

セージで身体を清め、大きな大きな輪になって、その日に会った人々とシェアをする。

私はその日、イレギュラーな生理に。満月は生理を呼びやすい。
実は、彼らの文化で、生理は、特別なものなんです。
生理の場合、みんなの大きな輪に参加が出来ない。

長老が言った言葉は今も忘れられず、大切な言葉。
『生理は、女性にとても強いエネルギーをもたらします。それがマイナスに向かえば、殺人をももたらしかねない。けれど、それがプラスに向かうと、ものすごい強力なエネルギーへと代わります。生理期間は、自分と向き合い、静寂の中で見つめる事で、いいエネルギーへと転換しましょう。そして、今、この素晴らしいエネルギーを、大きな輪になっているみんなの元へ送りましょう』

これ以来、生理中のエネルギーは製作のエネルギーへと転換出来るよう、意識しています♡

さて!
ファーストネーションのアートの話!

今まで彼らのビーズワークは、こういう直線的なイメージのみがありました。
th-1.jpg

けれど、カナダへ来てみて、可愛らしい女性的お花のモチーフが沢山あることを知りました。
4304.jpgthumbnail-8.jpg
イギリスの侵略の影響で、ヨーロッパの模様も。彼らの技術は、ヨーロッパにも影響を与えたそうです。

とても感動していると、運良く、カナダでファーストネーションのおばちゃんの元に通い、ビーズワークを学ばせてもらいました。
かなり地味な作業で、私にとって、おおはまり。
ので、最近は、本業の蝋燭でなく、ビーズに浮気していたのでした。ごめんよ、蝋燭。
いろんな国を旅して見たもの感じたものと、ファーストネーションのビーズを自分なりに織り交ぜての作品作り、
日本でグループ展に出品させてもらっています。機会があればどこかで見てね。

そして、ドリームキャッチャー、やはり本物のレベルはすんごい!!!
オンタリオ州で出会ったファーストネーションの人が作ったドリームキャッチャーが忘れられず、どう探してもネット上、見つからず。

言葉で言うと、技術はもちろんずばぬけてたけているのですが、
なにより惹き付けられた理由は、自然、『風』のスピリットを感じるのです。

それは、他の国の人々が真似て作ったのともお土産屋さんのとも、明らかに違う。すごいです。。。
機会があったら、本物、是非見てください。
http://whiteflamecandlecompany.com/products/first-nations-art-culture/

他にも、ペインティング、彫刻、シルバージュエリーも。
paint.jpgsilver.jpg
img_2438.jpg

でも個人的にとっても好きなのは、北の先住民、エスキモーの人々の絵や版画!
とても可愛いんです。こういう物語の中で生きているようなの、好きです。夢の中でいきてたーい!
g-89-1401_high.jpg
2822895411_bd0a64f7c6_o.jpg
2013.02.27 14:59|Art&Craft
カナダに来た頃、こんな素敵な事を!と、とても魅了されたストリートアートの一つ。
ゲリラ的に行う環境グラフィティ。

いまや言わずと知れた、
ゲリラニッティング。
yarn-Bomb1_280_714765a.jpgScreen.png
今もトロントやカルガリーで歩いていても、手すりのバーがニットでくるまれていたり、目にします。

カルガリーのケンジントンでは、2年近く前?ヒッピーのおじさんと女の子を中心の団体がゲリラニッティング中に遭遇して、
嬉しくなって、初参加。
ニットで♡をいっぱい作りました、実は、今でも、ボロボロになりながらも、そこにあります♡

ゲリラガーデニング。
2781124150104181437S600x600Q85.jpg
com.jpg

キャンモアにあるシンボルな銅像も、私が行った時ちょうどゲリラニッティングされて可愛いニットキャップをかぶっていました。冬だから、あたたかくしないとね!
そして、時々、こんな変身も遂げているみたい。
5518794344_2107af192f_z.jpg
images.jpg
それにしても、この銅像、いつ見ても気になります。。。
一体誰?一体なんぞ?

いずれにせよ!こういうユーモアや遊び心ってとっても好きだなぁってカナダに来て思います。
自由、なんでもあり!感。
そして、それを暗黙の了解をしているガバメントも素敵!
(時々問題になってきたみたいですが)

一度トロントのダウンタウンで、フリーダムフェスティバルに行って警察総動員しているものの、10代の子達が、一応法に触れながらフリーーダム!になっているのは大らかに見守っていて、木登りしているおじさんを止めている姿を止めている姿を見て、価値観って面白いなぁって思いました。

知り合いは、アーティストビデオを撮影のため、ニューヨークの地下鉄の中を匍匐前進でずっと進むのをビデオにおさめたとか。笑
フリーダム、さいこーだね♡
2013.02.27 09:35|Traveling
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.26 05:24|Feb 2013
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.26 01:21|Traveling
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.25 15:07|妊娠5ヶ月目
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.25 11:47|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.25 03:13|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.24 16:06|Music&Movie
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.24 09:25|妊娠5ヶ月目
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.24 09:02|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.23 14:16|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.23 10:12|Traveling
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.23 06:38|妊娠5ヶ月目
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.22 05:48|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.21 15:55|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.21 09:32|Feb 2013
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.21 03:22|Art&Craft
カルガリー、今日は、マイルドな寒さー10度、でも久しぶりに朝から雪だー!
th_IMG_0393.png
この雪景色が、11月から5月まであって、7月にはどでかいヒョウが降ります。
もはや、わははと笑うしかありません。

面白いなぁって思ったのが、この環境下だと、洋服やインテリアはカラフルでテンションあげてこって思う人が多いと思いきや、
意外にも、モノトーンなシュンってしたモダンなものが好きなカルガリアン。
(私は真逆)

つわりもあって、家にいることが大半の最近。
カナダに来てから、最低限の荷物だけの怒濤の引っ越し三昧もようやく終止符を迎えられた、安らぎの我が家。
という訳で、家の中にやっとこさ、手をかけて愛情注いでいます♡

th_IMG_0390.png

最近我が家へやってきたジャスミンさんが、キッチンでとてもいい香りを放っています。
外は極寒なのに、常に家まるごと24時間暖房20度のカナダの家では満開!
お花があると、家が一気にハッピーに♪

プラスチックの洋服は味気ないので、編み編みして、洋服を着せてあげました。
かぎ針で、くるくる編むだけの簡単技〜☆

上にぶらさがってるのは、結婚式のブーケをドライフラワーに♡

そして左は、私の本業の蝋燭作り〜木の枝スティック型蜜蝋キャンドル♪
でも、このキャンドル、見た目ばかりで、垂れて燃え方が美しく無いので納得出来ず、非販売、我が家用です。
人生甘くとも、蝋燭だけには厳しい著者です。むふ。

ビンテージものが溢れているカナダ、このキャンドルホルダーも、セカンドハンドショップで、3ドルで見つけた掘り出し物☆ いえい。

th_IMG_0392.png

バレンタインにもらった黄色いバラも満開♡(注>窓の外は雪)
緑いっぱいだと家の酸素が増えるるるるん。

th_IMG_0394.png

先日、セカンドハンドで得た棚の上はマジョッココーナー♪

部屋を浄化してくれる、いっぱいの水晶たち。鳥のしっぽの羽根。動物の骨。珊瑚礁の骨。
安産祈願。折り紙。
結婚式に手作りしてもらったフリーズドライのお花。
メキシコ土産の布。
フリーダカーロの絵。
またも手作り蝋燭さんたち。
奥はボーホー(ヒッピー)時代全盛期のビンテージランチボックスは貯金箱。当時の手作りはほんと可愛い!
手作りドリームキャッチャーの真ん中はラボで作られたサイケな石〜☆

最後に、ひょっこり出てきたクリスマスのゆる写真
th_IMG_0384.png

モミの木のてっぺんには、普通は作り込まれた立派な星かエンジェルが飾られます。が、
今年もすっかり買うのを忘れたため、急遽大急ぎであるもので作りました。。。
あみあみ〜

顔から胴は、トイレットペーパーの芯って事は秘密です。。。
2013.02.20 12:05|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.20 01:51|妊娠5ヶ月目
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.19 14:51|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.19 05:56|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.18 15:04|妊娠5ヶ月目
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.18 08:37|Gardening
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.17 15:42|Music&Movie
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.17 14:35|Veg friendly food
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.17 04:04|Interior
A password is required to read this journal.
Enter password
2013.02.16 07:12|妊娠5ヶ月目
A password is required to read this journal.
Enter password
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

Aednat (=Ena=エナ)

Author:Aednat (=Ena=エナ)
プロダクトデザイン学士終了後、キャンドルメーカーにてデザイナー兼職人を経て独立、2002年から6年、アーティストとしてキャンドル製作・空間演出を手がけ全国を飛び回ってきました。資生堂、グレゴリーコルベールミュージアム、行政イベント、野外フェス、レイブ、まつりなど。
飛び回りすぎて、気がついたら、アイルランド拠点で、ヨーロッパを旅した2008-2009。
2010年にはカナダへ渡り、ファーストネーション伝統のビーズを学ぶ。トロント、カルガリー、エアドリー、今はカルガリーで製作+趣味いろいろで、相当ゆるく生息しています。
こんな私も嫁ぎ、2013夏には産んじゃうぜっ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

visit

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR